PR

2018年07月25日

新常識!ゆとり社員が喜ぶ最低限の関わりだけ持つ上司

ゆとり社員と呼ばれる人たちが入社して、会社にも大きな影響を与えるようになっています。しかし、実際にゆとり社員にとって会社というのは以前とは違ったものとなっています。古くから働いている方にとっては、上司と部下の関係は根強く、しっかりとしたものでなければならないと思っているかもしれません。しかし、実際に近年のゆとり社員に関しては、最低限の関わりだけ持ちたいと思っている方が多いです。よりビジネスパーソンとしての一面が強くなってきたのかもしれません。事実、多くのゆとり社員は、会社はただ働くための場と思っていて、プライベートとは完全に切り離して考えていることが多いです。だからこそ、休日のゴルフはもちろん、仕事の後にちょっと飲みに行くことさえも断る社員が増えているのです。それを理解することが新常識だと言えるのではないでしょうか。今後ゆとり社員が増えるということはないかもしれませんが、その世代との付き合い方も知っておくと良いかもしれませんね。
https://sansyouan.jp/  

Posted by 和風 at 21:10新常識